活動紹介

2004年9月19日

「測量の日」記念2004inあさひかわ

場所:旭川クリスタルホール

例年、市民を対象に『「測量の日」記念2004inあさひかわ』が、平成16年9月19日(日) 旭川大雪クリスタルホールで開催されました。当日の午前中はあいにくの雨となりましたが、大勢の市民が訪れ映画観賞や測量体験に挑戦し成功裏のうちに終了いたしました。

  • 開催目的:ひとりでも多くの市民が測量及び地図に親しみ、その意義や重要性についての会と関心を高めることを目的とする。
  • 行事名:「測量の日」記念2004inあさひかわ
  • 開催日時:平成16年9月19日(日)10:30~16:00
  • 主催:上川調査設計協会、国土地理院北海道地方測量部、「測量の日」北海道推進協議会、旭川開発建設部
  • 後援:(社)北海道測量設計業協会、旭川市、旭川市教育委員会
  • 協賛:(株)岩崎旭川支店、(株)太田測量器械店、北海道地図(株)、旭川システムサービス

1.映画上映

1609_movie.jpg

年齢56才にして日本全国を歩測はじめ、日本で最初に日本地図を完成させた人物「伊能忠敬」の測量に対する夢を追い学び続ける姿に、観客が感動し現代に生きる私達に大切なものを教えてくれました。

  • 200年前 地球を歩いた男「伊能忠敬」~子午線の夢~
  • 第1回上映 観賞者250名 / 第2回上映 観賞者200名
  • 入場料 無料

1609_01.jpg 1609_02.jpg

2.伊能忠敬に関するパネル並びに測量器械の展示

1609_03.jpg 1609_04.jpg 1609_05.jpg 1609_06.jpg

3.伊能忠敬が行った歩測から最新測量器械による測定の体験

多くの市民が訪れ、歩測の体験及び測定の実体験をし、記念品をゲットしました。

  1. 歩測による測量の体験
    伊能忠敬の歩測(一歩の幅58センチ)を再現し、同じ歩幅で歩き距離を測定する体験。
  2. 測量器械による測定体験
    目測で予め距離を測定し、器械での距離の誤差の体験。

1609_07.jpg 1609_08.jpg 1609_09.jpg 1609_10.jpg

カテゴリ:地域ボランティア活動