活動紹介

2008年3月19日

先端技術セミナー CPD対象プログラム

場所:旭川大雪クリスタルホール

協会員の皆様をはじめ、多くの関係官庁の皆様にご来場いただきありがとうございました。
「地理空間情報活用基本法」の施行に伴う約40年振りの「測量法」及び「作業規定」の改訂による反響も大きな要因だったのではないかと考えています。

主催:上川調査設計協会

セミナーのプログラムをみる(PDF)

20080319.jpg

 

<先端技術セミナーの詳細内容>
2008年3月19日(水)
先端技術セミナー CPD対象プログラム
場所:旭川大雪クリスタルホール

■地理空間情報活用推進基本法 平成19年8月29日施行
別名:NSDI法=「National> Spatial Data Infrastructureの略
2008年2月10日には、実施運用に向けた「作業規程の準則(案)」に対するパブリックコメントの募集も開始され、いよいよ時代は大きく変革しようとしております。

■地理空間情報
地理空間情報は、カーナビに代表されるように一般の人々が日常的に利用するなものとなり、そのニーズと利用法は、私たちの業界関係者の想定を超えて広範多岐に進化しています。我々「国土空間データ基盤」の主体者にとっては、これらの現状を踏まえ、「基本法」の誕生経緯やその目的を正しく認識し、この新しい潮流に対してどう対処し、イニシアチブを発揮していくのかが大きな課題となっています。

■CPD認定プログラム認定 建設系CPD協議会
技術者の継続教育 Continuing Professional Development
このセミナーは、建設系CPD協議会加盟の(社)建設コンサルタンツ協会からの認定を受け、当協会としては初の「CPD認定プログラム」となりました。今後は、講演会や講習会についても「CPD対象プログラム」として企画致しますので、たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

カテゴリ:技術力向上活動