活動紹介

2011年の活動紹介

 

2011 上川調査設計協会『講演会』

場所:旭川グランドホテル3F 「景雲の間」

講師:志方 俊之 氏
開催日:2011年10月27日(木)
開演:16時~17時30分
主催:上川調査設計協会
後援:社団法人 旭川建設業協会

当協会主催としては、5回目となる講演会を実施しました。
今回は、「大丈夫か、わが国の危機管理体制」という演題で、帝京大学 法学部 教授(安全保障)ならびに東京都参与(災害対策担当)でいらっしゃる志方俊之氏を講師にお迎えし、尖閣列島周辺海域での中国漁船衝突事故、東日本大震災(福島第一原発事故)などで露呈した我が国の危機管理体制の不備について、危機管理法制、危機管理組織、危機管理情報、危機管理訓練、危機管理オペレーション、内閣のリーダーシップの不備などについて、如何に対応すればよいかを鋭く、時にはユーモアを交えて講演していただきました。
当協会の正会員・賛助会員、官公庁の皆さん、後援して下さいました社団法人旭川建設業協会の皆さん合計306名もの皆さんが、ユーモアたっぷりな鋭い突っ込みに、大満足されたようでした。
講演会後には、正会員・賛助会員、ご来賓の方々合計156名もの皆さんに、美味しい食事とお酒を楽しみながら、旧交を深めていただきました。

パンフレットを見る

2011110801.jpg

千葉会長挨拶

2011110802.jpg

志方氏による講演

2011110803.jpg

講演会風景

2011110804.jpg

交流会風景

カテゴリ:その他

平成23年度 現地研修会

場所:士別市、上川町、愛別町

参加者:協会員

協力:旭川建設管理部事業課、、田中工業・渡辺組JV、新谷・田中組JV、新谷・植村・石塚JV、飯島・三和JV

事業内容
現在稼働中の施工現場を見学し、施工業者からの説明を受け設計と施工の乖離についての事例を確認することができた。
事例には設計段階で発注者と詳細な協議をすべきであったもの、施工現場への配慮や知識が不足していたもの、単純なミスなど、未然に防止可能なものもあって、今後各社の設計業務に役立てたい。

写真を見る

カテゴリ:その他

総合評価方式(入門編)研修会

場所:上川教育研修センター

開催日:2011年9月28日13:30~16:00

場所:上川教育研修センター

主催:上川調査設計協会

参加者:協会員

測量業務にまで拡大兆候が見える「総合評価方式」では、資格者の確保に加えて、技術提案書作成も大きな課題です。本研修会では経験豊富な講師を招聘して、下記のような内容で、総合評価方式の応募や提案書作成の基本について研修します。

①総合評価方式の概要
②技術・価格点の配分
③技術提案書の配点
④提案書作成の基本

カテゴリ:技術力向上活動

RCCM(土木設計技師)合格支援講習会

場所:上川教育研修センター

日程:
7月16日(土)
8月27日(土)
9月17日(土)
10月15日(土)

場所:上川教育研修センター

主催:上川調査設計協会

参加者:協会員

毎年多くの合格者を出しているRCCM講習会に加えて、本年度は土木設計技師講習会を併設して開催しています。本年度は、RCCMが53名、土木設計技師が7名の受講となっています。

■今後の試験日程
RCCM試験
試験日:平成23年11月13(土)
合格発表:平成24年3月4日(日)
土木設計技師試験
試験日:平成24年7月
合格発表:平成24年11月

カテゴリ:技術力向上活動

技術士合格支援講習会

場所:上川教育センター 2F

日程:
4月9日(土)
5月21日(土)
6月18日(土)
7月16日(土)

場 所:上川教育センター 2F

主 催:上川調査設計協会

参加者:協会員

平成22年度に続き平成23年度も「技術士試験合格支援講習会」を上記の日程で4回実施しました。本年度の講習会では、昨年度とほぼ同数の16名(二次試験支援)が受講しました。10月の筆記合格の結果に期待がかかります。

■今後の試験日程
 筆記試験:平成23年8月7日(総監部門) 8月8日(総監以外部門)
 筆記発表:平成23年10月28日(金) 日本技術士会HPで発表
 口頭試験:平成23年12月~平成24年1月(部門別)
 合格発表:平成24年3月5日(月) 日本技術士会HPで発表

カテゴリ:技術力向上活動

経緯度標モニュメント維持管理

場所:上川合同庁舎前庭

このモニュメントは、平成13年に上川合同庁舎の落成記念として、一般社団法人 北海道測量設計業協会と当協会で寄贈したものです。

緑色の突起した造形物は、樹木が風にたなびいているスタイルをイメージしており、テーマはエバーグリーン、つまり常緑ということです。この地球からから緑が絶えることがないように、平和な世界が続くようにとの願いを込めて作りました。

5月中旬~7月末頃までの太陽の南中時(太陽が真南に向く時刻)午前11時30分前後に、御影石板の上に北海道の形をした影が出現します。尚、この経緯度標はGPS測量により、国土地理院の1級基準点に登録いたしました。

例年、目地部分の雑草・苔などを取り除き、化粧砂利を入れることと、回りの除草などの維持管理を行っています。

お出かけの際は、是非ご覧になって下さい。

写真を見る

カテゴリ:その他

平成23年度 河川清掃ボランティア

場所:ウッペツ川(千代橋~みつば橋)

昭和49年から国土交通省が定めている「河川愛護月間」も、今年で28年目を迎えました。毎年7月に河川愛護運動を実施していますが、今年の推進標語を「せせらぎにぼくも魚もすきとおる」として、流域全体の良好な河川環境の保全・再生を積極的に推進するとともに、皆さんの河川愛護の意識の醸成を図ることを目的として行われています。当協会は、雨天の中止の年もありましたが、1997年度より15年連続参加しております。

昨年までは、愛宕新川の河川清掃を実施していましたが、年々ゴミが減り、環境美化運動が皆さんに浸透されたことから、今年はウッペツ川に場所を移し実施しました。

当日は、事業課で9時集合、開会式後にウッペツ川に移動しました。全体を3班に区分し、当会員22社45名が左岸側を担当し、右岸側を旭川建設管理部と旭川土木クラブの皆さんが担当して、心地よい汗を流して終了することができました。

主催:上川総合振興局 旭川建設管理部

写真を見る

カテゴリ:地域ボランティア活動

災害調査講習会

場所:旭川合同庁舎(東館)

主催:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部
共催:北海道測量設計業協会、上川調査設計協会

東日本大震災から4ヵ月が過ぎた11日に、上川管内の市町村の担当者や、当協会員約90名が、被災状況を正しく把握するための写真撮影方法や災害申請についての留意点などを真剣に学んだ。

カテゴリ:技術力向上活動

「測量の日」推進事業 旭川市街区基準点点検ボランティア

場所:旭川市内(市街中心部・神楽・神楽岡・神居・忠和地区)

開催日:2011年6月3日
主催:上川調査設計協会
協力:旭川市土木部

街区基準点の点検を通じ市民に「測量の日」をPRするため「のぼり」をたて、旭川市内の街区基準点を目視による点検作業を行って、異常の有無を管理者に報告しました。
旭川市内には、街区基準点が約1,500点ほど有り3ヵ年で全点の点検を実施する予定です。

写真を見る

カテゴリ:地域ボランティア活動

平成22年度 先端技術セミナー

場所:旭川市大雪クリスタルホール 1F大会議室

主催:上川調査設計協会
共催:一般社団法人 北海道測量設計業協会

我が国が独自ですすめている「準天頂衛星システム」の概要と測位サービスの方向性について、関係団体から講師を招き、関係官庁・協会員180人の参加で開催しました。
準天頂衛星システムによる我が国が受ける様々なメリットは極めて大きく、皆様国民の多くの支援が必要との講師からのお願いがありました。

20110322_08.jpg

カテゴリ:技術力向上活動

全部で13件の記事がありました。