活動紹介

技術力向上活動

 

令和元年度 技術研修事業『UAV等研修会』

場所:東旭川公民館

実施日:令和元年7月12日(金)
参加者:協会員29社(64名)

協会員29社(参加者64名)が、RTK付きUAV並びに無人航空機搭載型レーザースキャナーを活用した今後の測量技術の最前線を学びました。

研修会の講師には、(株)岩崎企画調査部企画開発グループ3次元計測チーム山本紀彦係長がRTK搭載型のUAVを活用した測量方法から3次元データの活用、(株)協和コンサルタント第2調査部河野貴之課長補佐が無人航空機搭載型レーザースキャナーによる測量の精度、観測や解析までの内容について講師を務めて下さいました。

我々協会員、新たな測量技術の活用に向けて日々努力の研鑽に励む所存であり、講師の方々には改めてお礼申し上げます。

写真を見る

カテゴリ:技術力向上活動

平成30年度 上川調査設計協会 技術研修事業『旭川市役所との技術研修会』

場所:旭川市民文化会館

実施日:平成30年11月16日(金)
参加者:協会員43名
    市役所42名
    合計:85名

事業内容


●情報提供

(1)旭川市からの情報提供
「道路アセットマネジメントの導入に向けて〜道路ストック点検の進捗〜」
旭川市土木部土木事業所 主任 宮森 徹 様

(2)協会からの情報提供
 1)「UAVによる3次元測量について」
  (株)ダイイチプラニング 執行役員総務企画担当 内生蔵 孝弘 様
 2)「地上レーザーによる3次元測量について」
  (株)日興ジオテック 取締役 調査部次長 佐々木 健 様


●グループ討論

1)グループ討議
 テーマ:災害時における対応の改善点
2)グループ討議発表(各班4分程度)


●講評

旭川市 土木部 部長 新野 康二 様


我々協会員、提供された情報を今後の技術に生かすと共に、日々努力の研鑽に励む所存で あり、講師の方々には改めてお礼申し上げます。

写真を見る

カテゴリ:技術力向上活動

平成30年度 上川調査設計協会 技術研修事業『旭川河川事務所との技術研修会』

場所:旭川市勤労者福祉会館

実施日:平成30年11月6日(火)

参加者:協会員25社39名
    旭川河川事務所15名
    合計:54名


事業内容

●講演

「緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)の活動について(広島県・厚真町)」
 旭川開発建設部 旭川河川事務所 計画課 流域計画官 西村 義 様


●情報提供

1)旭川河川事務所からの情報提供
 「平成30年7月豪雨災害申請(流木災)の結果について」
  旭川開発建設部 旭川河川事務所 計画課 維持補修係長 今村 雄一 様
2)協会からの情報提供
 「災害時(流木災)のUAV作業について」
  (有)和光測量 代表取締役 矢上 幸寛 様


●グループ討論

1)グループ討議
  テーマ:災害時における対応の改善点
2)グループ討議発表(各班4分程度)


●講評

旭川開発建設部 旭川河川事務所 副所長 橋本 達也 様


我々協会員、提供された情報を今後の技術に生かし、技術者の一人として総合的見地から事業を遂行すると共に、日々努力の研鑽に励む所存であり、講師の方々には改めてお礼申し上げます。

写真を見る

カテゴリ:技術力向上活動

平成30年度 上川調査設計協会 技術交流事業『上川中部整備室との技術交流会』

場所:現場視察=旭川市/研修会=旭川トーヨーホテル

実施日:平成30年10月19日(金)

参加者:現場視察
    協会員39名
    上川中部整備室5名
    合計44名
   :研修会
    協会員51名
    上川中部整備室16名
    産業振興部3名
    合計70名


事業内容

[現場視察]

『経営体 忠別北地区 42工区』(旭川市)
 区画整理、用水路、排水路、農道工事


[研修会]

●情報提供
1)上川中部整備室からの情報提供
「現場代人研修会の報告」
産業振興部 上川中部整備室 工事第2係長 森 孝之 様

「成果図面等の作成について(暗渠排水等)」
産業振興部 上川中部整備室 工事第3係長 山 幸博 様

「整地工区域の考え方」(積算対象面積)
産業振興部 上川中部整備室 工事第1係長 安部 智宣 様

2)調整課からの情報提供
「用地測量について」
産業振興部 調整課 主幹(用地調整) 臼田 輝和 様
「用地測量の留意点について」
産業振興部 調整課 事業用地係長 笹尾 章 様

3)整備課からの情報提供
「災害対応について」
産業振興部 整備課 設計係長 谷﨑 謙 様

4)協会からの情報提供
3D CADの実用事例「道路の概略設計例」
(株)アサヒ建設コンサルタント 道路防災部 主任 三上 智史 様


●グループ討論
1)グループ討議
テーマ:本日の情報提供等から

2)グループ討議発表(各班4分程度)

3)講評
産業振興部 上川中部整備室 次長 田中 卓 様


我々協会員、提供された情報を今後の技術に生かすと共に、日々努力の研鑽に励む所存であり、講師の方々には改めてお礼申し上げます。

写真を見る

カテゴリ:技術力向上活動

平成30年度 上川調査設計協会 技術研修事業 『公共測量及び地理空間情報に関する講習会』

場所:旭川勤労者福祉会館

実施日:平成30年6月20日(水)

参加者:協会員39社70名
    国土地理院3名
    合計:73名

本講習会では、UAVを用いた公共測量マニュアル案の要旨や公共測量の計画策定時の要点など、技術力向上に向けた成果品の品質確保と作業効率向上のための最新動向を学びました。

研修会の講師には、国土地理院北海道地方測量部測量課の町田守人技術専門員が公共測量と測量法の手続きの解説、国土地理院北海道地方測量部の清水乙彦次長が新たな測量技術の導入、国土地理院北海道地方測量部の佐野伸明防災情報管理官が地理空間情報の活用について解説して下さいました。

我々協会員、技術者の一人として総合的見地から事業を遂行すると共に、一層の技術の研鑽に励む所存であり、講師の方々には改めてお礼申し上げます。

写真を見る

カテゴリ:技術力向上活動

平成30年度 技術研修事業 『UAV等の使用に関する研修会』

場所:東旭川公民館

実施日:平成30年6月8日(金)

参加者:協会員35社(76名)

協会員35社(参加者76名)が、UAV・地上レーザースキャナーを活用した3次元計測など測量技術の最前線を学びました。

研修会の講師には、(株)岩崎の山本紀彦企画開発部土木ICT課係長がUAV関連、(株)ダイイチプラニングの塚越康介専務が地上レーザーに関する講師を務めて下さいました。

我々協会員、新たな測量技術の活用に向けて日々努力の研鑽に励む所存であり、講師の方々には改めてお礼申し上げます。

写真を見る

カテゴリ:技術力向上活動

平成29年度 上川調査設計協会 技術研修事業 『旭川建設管理部(用地部門)との技術研修会』

場所:上川総合振興局 3F 講堂

実施日:平成30年2月21日(水)

参加者:会員42社86名
    建設管理部8名
    合計:94名

■情報提供

(1)上川調査設計協会からの情報提供(技術者発表)
   1. 鷹栖東神楽線道路改築工事用地測量(新東神楽橋)
   (株)葵開発コンサル 神田 信一 様
   2. (328)ペンケ下川停車場線防災B(地方道)工事用地測量
   藤井測量設計(株) 池田 喜代志 様
   3. 天人峡美瑛線災害復旧(単災)工事用地測量
   やまざきコンサルタント(株) 鈴木 裕之 様
   4.ペンケ下川停車場線道路敷地調査
   (株)三共コンサルタント 越湖 和亮 様
   5.落合1の沢川砂防総合流域防災工事石標埋設
   (株)三陽測量設計 田中 智博 様
   6.3・3・7旭町通交付金工事裁決申請図書外作成
   (株)エル技術コンサルタント 武藤 大輔 様
   7.3・3・20永山東光線交付金工事補償物件調査2工区
   東光コンサルタント(株) 中田 勝博 様

(2)旭川建設管理部からの情報提供
   ・用地測量時の留意事項について
   ・平成30年度の用地測量について
   旭川建設管理部 用地課 調査係長 斎藤 友幸 様
   旭川建設管理部 用地課 主  査 長瀬 信彦 様

■平成30年度用地マニュアル変更について

旭川建設管理部 用地課 専門主任 藤本 英露 様

カテゴリ:技術力向上活動

平成29年度 上川調査設計協会 技術研修事業 『旭川建設管理部(設計部門)との技術研修会』

場所:大雪クリスタルホール 2F レセプション室

実施日:平成30年2月21日(水)

参加者:会員28社40名
    建設管理部12名
    合計:52名

■情報提供

(1)旭川建設管理部からの情報提供
   「災害復旧工事の調査、設計について」
   旭川建設管理部 事業室 治水課 主査(河川)辻 正意 様
   「設計の留意事項について」
   旭川建設管理部 事業室地域調整課主査(設計監理)伊藤 一樹 様

(2)上川調査設計協会からの情報提供
   3D CADの実用事例「道路の概略設計例」
   (株)アサヒ建設コンサルタント 道路防災部 主任 三上 智史 様

■グループ討議

テーマ:委託成果品の品質向上について
グループ討議発表

■講評

旭川建設管理部 事業室 地域調整課 課長 岩井 健治 様

カテゴリ:技術力向上活動

平成29年度「先端セミナー」

場所:旭川市大雪クリスタルホール

日時:平成30年2月8日(木) 13:20~17:00

協会員116名、官庁88名、合計204名が参加し、先端セミナー研修会を開催しました。

第1部は、「i-Constructionの現状と今後」と題し、株式会社イエイリ・ラボ 代表取締役 家入龍太氏に講演して頂きました。

第2部は、「スマート農業の現状と今後」と題し、上士別IT農業研究会 代表 水留良一氏に講演して頂きました。

2名の講師の方には、現在、私たちが直面している、労働力不足解消や技術の継承という課題に対し、「IoT」「AI」「ロボット」「準天頂衛星」をキーワードに講演して頂きました。今後、私たちの業務の生産性の向上や、技術の多様性へのヒントとし、生かせれればと思います。

主催:上川調査設計協会

写真を見る

カテゴリ:技術力向上活動

平成29年度 上川調査設計協会 技術研修事業 『旭川市役所 土木部との技術交流会』

場所:旭川市民文化会館 大会議室

実施日:平成29年11月10日(金)

参加者:会員57名
    市役所37名
    合計:94名

事業内容

情報提供
 (1)旭川市からの情報提供
   1)「平成大橋の新設工事について」
     旭川市 土木部 土木建設課 課長補佐 佐瀬 勝明 様
   2)「橋梁長寿命化修繕事業について」
     旭川市 土木部 土木建設課 建設第3係長 和田 光矢 様
 (2)協会からの情報提供
   「土砂災害関連について」
   ~土砂災害警戒区域等での土石流や急傾斜地などの前兆現象、
   巡回の際に注意すべき事項等について~
     北海道地質調査業協会 技術アドバイザー 横田 寛 様
 
グループ討論
 (1)グループ討論
  テーマ:成果品の品質向上について
 (2)グループ討論発表(各班4分を目途)

講評
 旭川市 土木部 部長 新野 康二 様

写真を見る

カテゴリ:技術力向上活動

全部で89件の記事がありました。